イメージ画像

煙草の吸い過ぎでハゲになる

タバコを吸い過ぎてハゲになるような事はありませんが、タバコの吸い過ぎは身体に悪影響をもたらすものだといわれています。喫煙は肺がんの原因となったり、心筋梗塞の危険性を高めたりして、非喫煙者に比べて1.7倍も高くなっています。様々な悪影響を及ぼす煙草ですが、実は髪の毛にも悪影響があるのです。

たばこにはニコチンという物質が含まれていて、そのニコチンが末梢血管を収縮させ血液の流れを悪くさせてしまいます。血液のめぐりが悪くなってしまうと栄養が体にうまく回らなくなる原因になります。髪も栄養で育ちますので、栄養が足りないと髪の毛の成長を妨げてしまうのです。さらに血行不良で脱毛を促進し、薄毛に効果的なビタミンCまでもタバコを吸う事でどんどん破壊されてしまいます。

しかし、タバコを吸ってハゲるという話は有名ですが、禁煙したからといって薄毛が改善するという事もありません。
それでも煙草を止めて、きちんとした食生活や頭皮ケアを行う事が薄毛を食い止める方法だという事はAGA治療を行う機関でも説明されています。

ただし、タバコが好きの方の禁煙は本当に辛いものです。禁煙する事で極度のストレスを感じるのであれば、それは逆に髪に良い事ではありません。ストレスも薄毛の大きな原因となりますので、徐々に本数を減らしていくのがベストでしょう。

タグ

2012年7月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薄毛・抜け毛の原因と種類

育毛シャンプーとは

最近、薄毛に効果的だという育毛シャンプーですが、普通のシャンプーとはどう違うのか気になるところですね。育毛シャンプーは、単純に髪の毛の汚れを落とすだけでなく、頭皮のケアをしてくれるシャンプーになります。育毛剤や発毛剤のように使うだけで髪の毛が生えてくる訳ではありませんが、髪の毛を健康な状態に戻して、抜け毛予防に効果的なのが育毛シャンプーです。

市販のシャンプーは添加物も多く含まれているので、毛穴の皮脂を余分に取り過ぎてしまうものが多く、余計に皮脂が生じて油っぽい髪の毛になってしまいます。

育毛シャンプーは、主にアミノ酸系のシャンプーが多く、低刺激でありながら毛穴の奥の汚れをしっかり除去して余分な汚れや毛穴の皮脂を落とす高い洗浄効果があります。頭皮の血行を促進しながら、かゆみやフケを抑制してくれるので、頭皮を改善して育毛を促進する状態に整えてくれます。市販シャンプーのように過剰に皮脂を取り除くような事もないので一番健康な状態に頭皮をケア出来るのです。

抜け毛や薄毛が気になる方は、育毛シャンプーを利用して頭皮を健康な状態に整え髪の生え変わりサイクルを向上させてあげましょう。

タグ

2012年7月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛シャンプー

薄毛のヘアサイクル

薄毛の悩みだと多くは、中高年の男性の姿が一般的なイメージだと思います。しかし、男女を問わず、最近では若年層にも薄毛の悩みを抱えている人が増えているのが現実のようです。

髪は休止期、成長期、後退期を経て生え変わっています。この周期をヘアサイクルと言っています。2年から7年が、正常とされるヘアサイクルの期間ですが、成長期の期間が短い人は、髪が成長しきれない状態のままなので、髪にボリュームがなくなります。薄毛の人は、早い時期に抜け落ちることが原因で、頭皮が目立つようになってしまうのです。

身内に薄毛の人がいるために、今はフサフサとした髪に覆われているけれど、この先薄毛になってしまうのではないかという悩みがある人もたくさんいます。髪の量が減ってきたことを悩んでいる人。これから起こるかもしれない薄毛を思い悩むよりも、まずは頭皮ケアを行い、ヘアサイクルを整えて薄毛予防を考えると良いでしょう。抜け毛の量が気になる人も、薄毛の原因になりますので、薄毛予防をすることをおすすめします。

頭のかゆみも抜け毛にとって要注意です。まず自分の髪の状態を知ることが、薄毛の予防対策になります。薄毛予防にできるだけ早く取り組み、悩みを軽減していきましょう。

タグ

2012年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:抜け毛・薄毛予防と治療

このページの先頭へ