イメージ画像

男性に多い抜け毛の種類

自己免疫疾患・円形脱毛症

ストレスなどにより自己免疫反応が正常に働かずに毛根を異物と認識してしまい、髪の毛が抜けてしまう。

抜け毛症・トリコチロマニア

精神的衝動により、頭髪、眉毛などを自分で引き抜いてしまう。
正確には脱毛症とは言えませんが、本人は抜いている事に気がついていながら止められない状態。
子供によくみられ、円形脱毛症など他の症状と間違えやすい。

脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌が多くなり、紫外線やカビなどによって皮脂が脂肪酸に分解され炎症を引き起こす。
フケ症の人は体質的に皮脂の分泌が多く、これらは脂漏性皮膚炎の軽いものと考えられます。

タグ

2014年10月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薄毛・抜け毛の原因と種類

一番多い抜け毛症状-男性型脱毛症(AGA)

男性の半数がこのAGAが原因で抜け毛が発症しています。
女性でも10~20%の人が男性型脱毛症が原因で薄毛になっています。

原因と症状

他の脱毛症とは異なり前頭部、頭頂部から発症し進行していくのが特徴です。
人によっては、部分的にとどまり、生え際が後退したり、若いうちから始まった人は頭頂部がほとんど失われ、後頭部と側頭部に毛が残ったりと症状は人それぞれです。

AGAは進行性なので、何もしないでいると徐々に進んでいきます。
早めのケアが大切です。

AGA治療法とは

飲み薬

プロペシア ・フィナステリド
男性ホルモンの働きを抑制し抜け毛を予防する。
副作用は少ないがまれに性欲減退や性機能の低下が起こることがある。
効果は食事に関係なく1日1回6ヶ月以上飲み続け使用者の90%以上で抜け毛の改善が認められた。
料金は1ヶ月7500円程。

外用薬

ミノキシジル ・塩化カルプロニウム
外用発毛剤「リアップ」として発売。
副作用は全身の多毛症がおこる為脱毛症に有効。
直接毛母細胞に働きかけ成長を早める。
料金はミノキシジルタブレット¥6000
        リアップ  ¥7400

ビタミン剤

平均¥2000前後

タグ

2014年9月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薄毛・抜け毛の原因と種類

ストレスが薄毛を加速させる

円形脱毛症の原因は、ストレスが大きく関わっているといわれています。脱毛の原因の一つとしてストレスが原因であるという事は、科学的にも解明されている事なのです。

人はストレスが溜まると、自律経やホルモンバランスを乱すので、血流の流れを悪くさせます。髪の毛への栄養分は血液によって運ばれているので、流れが悪化すれば毛根に栄養が行き届かなくなってしまいます。

またストレスは髪の成長サイクルを乱し、毛髪が成長不良となります。抜け毛は個人差がありますが、日に100~200本程度と言われています。しかし髪の成長サイクルが乱れて新しい毛髪が生えてこなくなるという事は、薄毛を再生させる事が出来ず脱毛をさらに悪化させ、薄毛を促進してしまいます。

薄毛に対する過剰な反応で、さらにストレスと悩みを抱えてしまうと、薄毛を長引かせる原因になります。ストレスとは上手に付き合いましょう。

タグ

2012年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薄毛・抜け毛の原因と種類

煙草の吸い過ぎでハゲになる

タバコを吸い過ぎてハゲになるような事はありませんが、タバコの吸い過ぎは身体に悪影響をもたらすものだといわれています。喫煙は肺がんの原因となったり、心筋梗塞の危険性を高めたりして、非喫煙者に比べて1.7倍も高くなっています。様々な悪影響を及ぼす煙草ですが、実は髪の毛にも悪影響があるのです。

たばこにはニコチンという物質が含まれていて、そのニコチンが末梢血管を収縮させ血液の流れを悪くさせてしまいます。血液のめぐりが悪くなってしまうと栄養が体にうまく回らなくなる原因になります。髪も栄養で育ちますので、栄養が足りないと髪の毛の成長を妨げてしまうのです。さらに血行不良で脱毛を促進し、薄毛に効果的なビタミンCまでもタバコを吸う事でどんどん破壊されてしまいます。

しかし、タバコを吸ってハゲるという話は有名ですが、禁煙したからといって薄毛が改善するという事もありません。
それでも煙草を止めて、きちんとした食生活や頭皮ケアを行う事が薄毛を食い止める方法だという事はAGA治療を行う機関でも説明されています。

ただし、タバコが好きの方の禁煙は本当に辛いものです。禁煙する事で極度のストレスを感じるのであれば、それは逆に髪に良い事ではありません。ストレスも薄毛の大きな原因となりますので、徐々に本数を減らしていくのがベストでしょう。

タグ

2012年7月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薄毛・抜け毛の原因と種類

このページの先頭へ